ちょうどよくて、ちょっといい日々。

そんな暮らしと育児とわたしを、目指してしています。「カエデノオト」の別館です。

→中学生のこと

娘のことに触れるときに、「我が子」「うちの子」などと表記する理由

◆女子であることをあらわす必要はないかな、と思うように いつぐらいからかな?ブログやツイッターでこどものことに触れるとき、性別がわかるように表現することをやめました。 対面で会話をする時などで、相手によっては「娘が」と言うこともありますが、そ…

こどもの幸せな日常を願って、親は話を聞いたり、折ったり編んだり。

◆2学期に入って、こどもの調子がやや下がり気味 うちのひとりっ子、ただいま中学1年生です。 入学した頃は、小学校の仲良しと同じクラスになれたり、制服や生徒手帳が新鮮だったり、時々友達同士で電車に乗って出かけたり…毎日がとても楽しい様子でしたが、…

いつの間にか「辞典」も「映え」なければならない時代になっていたのか…!

◆辞典が、私の知っている辞典ではなくなっていた こどもが、私が大昔に使っていたコンパクトタイプの英和/和英辞典を見て一目惚れ。コンパクトさ、紙の薄さ、字の小ささなどがツボなんだそう。 こちらは通常サイズの英和辞典。こどもが心を奪われたのはこれ…

中学生になりました。毎日・読売・朝日の学生新聞比べ【中高生新聞ver.】

◆楽しく読んだ「毎日小学生新聞」との別れがつらい… 思いつきで購読をはじめた「毎日小学生新聞」。おかげさまで、1年間楽しく読むことができました。過去記事はこちらです。 kaedenote.hatenadiary.jp kaedenote.hatenadiary.jp 一度始めたものって、やめる…