ちょうどよくて、ちょっといい日々。

そんな暮らしと育児とわたしを、目指してしています。「カエデノオト」の別館です。

シンプルレシピ|保存OK.洋なしのコンポートのいちばん簡単な作り方

◆ラ・フランスを大急ぎでコンポートにしてみたら、ものすごくうまくできた!

数年前、古い知人が山形県に引っ越しました。

ブドウ、さくらんぼ、ラ・フランス…「山形県はフルーツ王国なのよ」といって、年に数回届けてくれます。

f:id:yossie_ko:20181114121904j:plain

11月に入ると洋なしが届きます。今年もたくさん送ってくれました。

おもしろい形、独特の香り。最近はスーパーでもよく見かけるようになりましたが、やはり産地からの直送品はうれしいものです。

我が家は大人ふたり、こどもひとりの3人家族なうえに、夫は不在にすることが多く、こどもは少食でやや偏食。私が好きなラ・フランスの香りも食感もいまひとつ好きではないそうです。。

こんなに美味しいのに。

大人向けの味ですかね?

毎年届けていただくようになって3年ほどたちますが、そんなこんなで食べ頃を逃してしまう経験を何度もしています。

今年はそんなことのないように!

早いうちに保存できる状態にしてしまおう!

同封されていたリーフレットに書かれていた「コンポート」を作ってみることにしました。

トロッとした食べ頃を迎える前、まだ固めの頃に作るといいようです。

◆シンプルなラ・フランスのコンポートのレシピ(果樹園のリーフレットより)

<材料>

  • ラ・フランス2個
  • 砂糖1/4カップ(30〜50グラム程度)
  • ワイン 赤白どちらでも 100cc
  • 水 100cc

<つくりかた>

  1. 4〜6等分にカットして芯をとりのぞく
  2. 鍋に材料をすべて入れる
  3. 火にかけて沸騰したら中火で10〜15分。その間、アクが出たら取り除く
  4. 火を消してそのまま放置
  5. あら熱が取れたらワイン液とともに別容器に入れて冷蔵庫へ

<保存方法> ※webリサーチ

  • 液に浸かった状態で冷蔵庫で2週間程度
  • 細かく切って冷凍も可

<食べ方>

  • そのまま
  • ヨーグルトと一緒に
  • コンポート液は炭酸割りに
  • 製菓材料にも

◆レシピはいろいろあれど、「家にある材料で簡単に」がいちばん

ネットで検索してみると、コンポートのレシピはたくさん出てきます。

シナモン入り、はちみつ入り、レモン果汁入り。

私はもともと料理下手・アレンジ下手で、シンプルな調味料しか手元に置いていません。

変わった材料が書かれていると分かると、すぐにやる気をなくしてしまいます(^_^;)

なので、シンプルな材料で作るレシピを採用するようにしています。

慣れてきたら、そこに少しずつアレンジを加える余裕もできます(たぶん)。

f:id:yossie_ko:20181114121924j:plain

今回のコンポート。香りはもちろん、くたっとしたかんじ、きれいな色に感激しました。

◆次は「ワインなしコンポート」を作ってみたい

ラ・フランスのコンポート(ワイン無し)

<材料>

  • ラ・フランス2個
  • グラニュー糖 100g
  • 水 200ml
  • レモン汁 1個分

<つくりかた>

  • 全ての材料を鍋にいれて落としぶたをして、弱火でコトコトと30分煮る。 

引用元:https://www.ajfarm.com/5626/

 

f:id:yossie_ko:20181114121905j:plain

 

使った鍋は実用的で美しい、柳宗理さんのステンレスミルクパン。

ラ・フランス2個分の調理がぴったりのサイズでした。

安くはない鍋ですがもう10年以上使っていて、劣化もないし「使いにくい、変えたい」と思ったことがありません。取っ手のぐらつきも、ネジを閉めれば元通りです。

だからいい買い物だったのかな?と、思います。

 

ー「にほんブログ村」はじめました。よろしければクリックお願いしますー

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 三人暮らしへ