ちょうどよくて、ちょっといい日々。

そんな暮らしと育児とわたしを、目指してしています。「カエデノオト」の別館です。

【朝ドラ】「半分、青い。」&BS再放送「マッサン」スタート。あさイチも新装開店。新年度です

◆中島みゆきと星野源を朝から堪能できる幸せ。

いろーんなウソが飛び交った日曜日が終わり、あっという間に新年度スタートの月曜日。
新しい朝ドラ「半分、青い。」とBS再放送「マッサン」が始まりました。
4月と9月の第1月曜日、午前7時46分ぐらいに夫と交わされる会話…

「どう、今回の朝ドラは」
「・・・まだ何ともいえませんねぇ」

半年ごとに繰り返されています。
面白い、期待はずれっぽい等々、見えてくるのは1ヶ月後くらいでしょうか…
どうであれ半年完走することに変わりはありません。
(録画を順に消していくか、「これ消さない!」と決めて見るか、という違いはありますねぇ。)

今日はまずは、主題歌が楽しみで。
イントロから「星野源らしさ」にあふれていて、こどもも

「あっ!星野源さんてかんじ!」

毎朝元気をもらえそうな、アップテンポの曲でとても好み。オープニング映像ともよく合っていました。

朝ドラ「半分、青い。」オープニング

映像もかわいい。

そして、星野源の楽曲を楽しめる15分前には中島みゆきを堪能。
久しぶりに聞いたら、当時の紅白を思い出しました。力強くて、勇気をもらえるような歌だなぁとあらためて。

朝から勇気と元気をもらって、2018年度も斜め前向きでやっていきたいです。

◆永野芽郁と星野源は「真田丸」つながりなんだ。

ところで、「半分、青い。」のヒロイン、永野芽郁は大河ドラマ「真田丸」の千姫を演じていたのだとか。
そうなんだ、そういえば、と思いながら記憶を呼び戻しました。

千姫といえば、豊臣秀頼の妻で、徳川家康の孫で、つまり徳川秀忠の娘…つまり星野源の娘!笑。
朝ドラ、大河、似たタイミングの民放ドラマ。
人気者は絶え間なく声がかかるということなんでしょうね。
「半分、青い。」への星野源のゲスト登場をちょっと期待しています。

◆「マッサン」は初回からエリーがすごい/すごいエリーを応援したい

初の外国人ヒロインとして話題になったシャーロット・ケイト・フォックス。
本放送の際も、その体当たり演技はすごく印象に残りました。
はじめのほうの、チャーミングな若いエリー。
戦時中に外国人だからと不当な扱いを受けたとき、毅然と対応したエリー。
どちらもよく覚えていて、表情や動きがすぐ思い出せる。
朝ドラで出会った俳優の中でも、すごく好きな人のひとりかもしれません。

マッサンのあと日本で活動を本格化させ、既婚者だった彼女が離婚したと知りました。
うーん、大きなチャンスをつかんで飛躍しようとした女性が離婚をする話って、よく聞くんですよね。あぁ、こういうのって、日本人に限ったことじゃないんだなーってこの時ちょっとショックを受けました。
なんででしょう?
男性の場合でも、こういうケース、あるのかな?

日本に残って、自分で選び取った道を進むシャーロット・ケイト・フォックスを応援したい気持ちでいっぱい。
2019年の大河ドラマへの出演も決まっているとのことで、すごく楽しみ。

www6.nhk.or.jp

関連記事

kaedenote.hatenadiary.jp

kaedenote.hatenadiary.jp