ちょうどよくて、ちょっといい日々。

そんな暮らしと育児とわたしを、目指してしています。「カエデノオト」の別館です。

美容室にて、「雑誌の力」はふたたび大きくなるんじゃないかな…と思った話

◆美容室ですごす数時間は、大切な「切り替え」の時間。

月に一度の美容室。カットとカラーと、時々トリートメント。

けっこうな時間がかかかります。

激安&短時間でできる毛染め専用サロンを使って時間とお金を節約しているという友達もいるのですが、時間とお金が少々かかっても、お気に入りの美容室でゆっくりリフレッシュする時間が私には必要…です。

今の自宅は私にとっては「職場」なんですよねぇ。こどもの世話、広範囲にわたる家事(日々の炊事掃除洗濯だけではなく、家の保守とか、お金の管理とか、近所づきあいとかも含む)、夫の仕事の手伝い。

気持ちを切り替えるには、場所を変えることが必要だなと痛感します。
どこかに勤めていたら、いる場所が変わることで気持ちが切り替えられたり、通勤時間がちょうどよい気分転換になったかもしれません。

今の私にはそれがないので、意識して作らないとまずいな、と思うようになりました。
もちろん、こういう時間を作ることができるようになったのはここ数年のことで、こどもが小さい時には難しかったです…その頃のことはもう、必死で駆け抜けた記憶があるだけになってしまいましたが、我ながらよく乗り越えたなぁと思います。

そんなわけで、数年前からご縁のある、我がまちにあるのが信じられないぐらいステキな美容室にお世話になっています。

f:id:yossie_ko:20181025154207j:plain

冷たいものも、あたたかいものもすごく好みの器で出してくださる。こういう時間に癒されます。

◆ところで「雑誌の力」はふたたび大きくなるかもしれないよ?

そこでは、もうすっかり買わなくなった女性誌を読むのを楽しみにしているのですが、最近、忘れていた雑誌の良さをあらためて実感するようになってきました。

情報が「厳選」されたうえで「充実」している

必要な情報は今やなんでもネットで無料で手に入ると言われてきましたが、ネットに情報が溢れすぎて選べ出せなかったり、欲しい情報にたどりつかなかったりすることが多くなりました。

その点雑誌は、掲載されている情報がすでに一定の基準で選ばれている。自分に合った雑誌に出会えさえすればそこに出ている情報は「自分にとっての当たり」が多いのですよね。

編集者という仕事の力量がますます問われる時代がくるのかも…

今回読み込んだ雑誌は「LEE10月号」。

<よかった記事>

・インスタのねこ写真に癒される石田ゆり子さんのロングインタビュー。インスタの短い文章だけではのぞけない、彼女の別の部分が見られて楽しかったです。

「LEEスターのあの人が頼りにしているネットショップが知りたい!」。たくさん個性的なネットショップが登場していて、「ネットの海は深くて広い」(最近このフレーズよく使ってるな)を再認識しました。

この特集内で紹介されていて、これは覚えておきたい!と思ったネットショップが

kagoami.com

カゴアミドリ。
世界中のかごがあつまるネットショップ&実店舗。インスタにある写真もすごく好み!

(一度にたくさんの情報を消化することはできないから、ひとつでじゅうぶん。いい出会いはひとつだけでも幸せです)

「全部ネットで手に入るインテリア」。個人的には家具は実際に見て買いたいと思うけれど、買う前のリサーチに、いいものが並ぶインテリアショップのサイトを知っているとすごく参考になります。定番ものはネットで買うのもアリですよね。

f:id:yossie_ko:20181025154143j:plain


ほかにも、たくさんの調味料や話題の食品を調査したページなども面白かった。液晶画面より紙のほうが見やすいなと思うところもあったり。新しい発見が多かったです。

◆ブログ記事引っ越し完了のご案内

石原10年日記とほぼ日5年手帳の使い比べ記事を「本館」にお引っ越しさせました。

kaedenote.net

ご興味があればぜひ!